HOME>レポート>年末調整を税理士に任せればスマートに書類を提出できる

年末調整を税理士に任せればスマートに書類を提出できる

電卓

確定申告が必要になった時

日本のサラリーマンの多くはあまり自分が支払っている所得税について知らないかもしれません。というのも、日本ではよほど収入が多くない限り、通常は会社が年末に年末調整という処理をして税金の精算が完了するからです。年末調整とは、簡単にいうとその年の収入から社会保険料や医療保険などの各種所得控除の金額を差し引き、その年の税額を確定させる作業のことです。そこで過不足があれば精算しますが、通常は数万円が戻ってきます。しかし、最近では副業をしている人も多く、一定以上の収入がある場合には確定申告をしなければなりません。申告書は大変複雑なので、あまりなじみのない人はまず税理士に相談してみるのがよいでしょう。状況を説明すれば、税務のプロである税理士が必要書類を求めて来て、あとは申告書を完成させてくれます。

女性

税務専門家のサポート

勤めている会社からもらっている収入金額が大きいために年末調整がされず、そのためだけに確定申告をする人は比較的簡単ですが、そうでない人の場合誤りのないように専門家に相談するのが無難です。一般的に多く見られるのが、家を購入した年に受ける住宅借入金に関する税額控除の手続きです。これについては、初年度は年末調整では考慮してくれないので、自分で確定申告をする必要があります。集める書類も多いですし、記入の仕方なども複雑なので専門家である税理士のアドバイスがあるのとないのでは完成度が大きく違います。確定申告の季節になると、地域の商業センターにおいて税理士が無料の相談コーナーを設けていることも多いので、まずはそのような場を利用してみるのもよいかもしれません。